上棟式の概要まとめ

シェアする

上棟式まとめ

昨日の打ち合わせで工藤さんと話をし、「上棟式に何をすればいいか」がボンヤリわかったのでまとめておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全体の流れ

  1. 上棟式
    • 時間・・・30分程度
    • 必要なもの・・・洗い米(1カップ程度)、あら塩(大さじ6程度)、お酒(350ml程度のもの)
  2. 懇親会
    • 時間未定食事しながら大工さん、設計士、施主が懇談する
    • 用意するもの・・・食事、お酒、ご祝儀

「2.懇親会」はどんなことをするか

主に2パターンあるようです。

パターンA 「謝礼」だけ渡す

これはそのままですね。 然るべきタイミングで然るべき金額をスッ‥‥と渡すやつ。

”ワシ懇親会なんてしんどいのかなんわ、かにん、かにんやでー”
と年配の施主さんはこちらのパターンを選ぶことも結構あるそう。

渡す相手と金額

これは金額に明確な違いがあるとのこと。
棟梁それ以外の大工さんで金額を分ける。
棟梁が1万ならその他大工さんは5千円、2万なら1万円というふうに、だいたい倍の差をつけるものだそう。

同じことが設計士さんにも言えるそうで、設計士さんの上下関係により同様の差をつけるのが慣習だそうです。

工藤さんがニヤニヤ顔で人差し指と親指をスリスリしながら教えてくれました。
わ、わかってますってばぁー。
(ウソです)

パターンB 「食事」大工さん、施主、設計士さんまとめてワイワイ

このコミュニケーションが結構大事だそうで、大工さんのお仕事に影響するケースもあるそう。
これをすることにより、完成がかなり早くなったことがあったそうです。

やはり大工さんだって人間だもの、施主さんとコミュニケーション取って良い印象があるとやる気も違ってくるんでしょうね。

実家の母親に聞くと今は「上棟式」自体しないそうで、先日家を建てたアニキんとこもしなかったそう。
「作り手」と「住む人」が顔を合わせて話す機会はメーカーや工務店に任すケースではあまりないんでしょう。

けど僕はこういうの大事にしたいほう。
僕の実家は20数年前に建て直しましたが、上棟式では棟梁が唄を歌ったり盛大にしたそうです。

いいですよね、なんだか「豊か」な感じがします。

さすがに歌えや踊れやは出来ませんが、良い上棟式にしたいです。

上棟式に参加する人数

最終決定ではありませんが、

  • 大工さん・・・5人
  • 設計士さん・・・2人
  • 施主家族・・・4人

の合計10人です。
お義父さんは上棟式だけ参加。

当日の時間割

  1. 15:00・・・上棟式
  2. 17:00・・・食事
  3. なぜ時間を分けてするかというとですね、棟上げ式なのに「棟が上がらない」からなんですね。
    そうです、正確には2015.9.7にするのは「棟上げ式」ではなく「棟上がってませんけど?!式」なのです。

    なんでも家全体のつくりが「ややこい」らしく、棟上げるのに2~3日かかるそう。
    ちっちゃいのにね。

    15時まで作業して貰って、上棟式。
    そのあと17時まで大工さんたちは作業に、設計士さんと僕たちは打合せ。

    食事の手配

    これは悩みました。
    まず出たのが彼女が住む地域の特産である「イノシシ肉」を使った鍋。

    お義父さんに聞くと”中くらいのランクでグラム800円ほど”だそう。
    2キロで16,000円か。

    現場で鍋をつつくのは楽しそうですが、やはり用意が大変。
    週間天気予報だと降水確率50%だし。

    ということで無難に「弁当」と「おつまみ」、「お酒」にしました。

    お弁当はモリタ屋で

    モリタ屋
    モリタ屋は自社牧場を持っているスーパーです。
    焼肉店やレストランも経営しています。

    肉体労働を終えたむくつけき大工さんたちにはやはり「肉」でしょう。
    汗だくの大工さんが肉の塊にかぶりついている姿、絵になります。

    スーパーながらここの肉はホント美味しいんです。

    さらにスーパーながら販売しているお弁当にもあまり添加物入ってない。
    「酢、醤油、砂糖、以上!」
    みたいな潔さ。
    ぜんぶじゃないですけどね。

    ここは仕出しもしてくれるのでさっそくメール、折り返し掛かってきた電話で詳細を伝えます。

    • 2,000円/個くらいで9個(あとで3,000円/個になりました)
    • 肉メインで
    • 上棟式で使うので華やかな感じ
    • 天ぷら、揚げ物は極力減らして
    • 17時ちょっと前に配達してほしい

    上記を伝えると「喜んで!」とのことだったので「じゃあお願いします」と電話を切りました。

    雨ふらないといいなぁ。

    (追記)
    そのあと”やっぱり仕出し弁当にはステーキ肉入れてほしいよね”ということになりモリタ屋さんに電話。

    上棟式にお弁当頼んでる02と申しますが、お弁当にお肉は入っていますか?

    はい、牛肉の切落しで焼き肉を入れようと思っています。

    それステーキ肉にしてもらうのはキビシイですか?

    ステーキは2,000円だときびしいですねー。入れられてもごはんとお肉以外ほとんどおかず入れられませんね

    そうですか、じゃあステーキはいくらくらいならいけますか?

    そうですね、2,800円くらいあれば・・・

    そうですか、わかりました、ちょっと、相談して、また、連絡します

    というやり取りがありました。

    その後

    ”やっぱりお肉は欲しいよね、こっちでローストビーフ作って持ってくにしても余計お金かかるかもしれないし”

    ということで再度モリタ屋さんに電話。

    3,000円でステーキ弁当にしてください

    喜んで!

    というわけで仕出し弁当が決まりました。

    しかしひとつ進めるのにいちいち時間かかるなぁー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク