要即決的玄関扉 弐:北欧製玄関に望みを託して

シェアする

これまったくさい
失意のままYKKショールームを後にし、JRの高架下を歩いていた時でした。
正面からフラフラ歩いてきた浮浪者と肩がぶつかったのです。

「痛ッ!オイッ!気ぃつけんかいやッ!」

振り返って怒鳴りましたが聞こえているのかいないのか浮浪者はそのままフラフラ歩いていきます。

「チョッ!」
舌打ちをひとつ鳴らし正面を向くと、「ハラリ」と1枚の紙が地面に落ちるところでした。

“ハッ!こ、これはっ!“

急いで振り返りましたが浮浪者の姿はもうどこにもありません。

僕は地面の紙を拾い上げ、急いで会社に戻りました。
デスクで拡げてみると、何も書かれていない、白紙です。

“もしや・・・“と思い神棚のロウソクで炙ってみると、果たして文字が浮かんできたのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

北欧の玄関という選択肢

北欧
北欧の玄関といえばコペンハーゲン、と地理的な話をしているのではありません。
“北欧で作られている玄関扉“のことです。

先ほど炙って出てきたアドレスにアクセスすると、「サッシと窓の断熱性能について」書かれていました。

ページの最後あたりに“玄関ドアは北欧で作られたものがオススメ“とあります。

□玄関ドアもけっこう違いがでるので要注意です。

  • 国産のアルミ製のものは必ずk2仕様を選んでください
  • できれば北欧製の輸入品断熱木製ドアがおすすめです

バリエーションは少ないですが本物の味わいがあります。

(マイベストプロ信州より引用)

でも、お高いんでしょう?と訝りながら検索するとこれがそうでもない。

検索で見つかったお手頃玄関ドア

値段、デザインから考えて選びました。

  1. アイエムドア スウェーデンBOシリーズ BO1018
    値段的にもこれが合えば嬉しいです。
  2. アイエムドア KIシリーズ 2ロックタイプ
  3. アイエムドア スウェーデンタイプ IMGATシリーズ
    日本仕様に合わせた商品だそうです。
  4. スニッカルペール 2ページ目(ページ番号48)
    下から2段目に掲載のYD4309 R
  5. レクサンドーレン
    ページ右の上から3つめ1シリーズ チーク T1

ちなみに提案してもらっているYKKのヴェナートは約10万円で購入可能とのこと。

定価約40万の何がどうなって10万円になるのかわかりませんが、こういうのも個々に購入できるオープンシステム(CM分離発注方式)のいいところでしょうか。

さっそく設計士さんに確認するんやで!

上記製品を取付可能か、最近やりとりをしている工藤住環境設計室のO女史(一級建築士)に電報を打ちました。
ほどなくして西の空に狼煙が上がったので読みとくと、

”ゼ・ン・ブ・ム・リ ヨ・コ・ハ・バ・ガ・ゴ・セ・ン・チ・オ・ー・バ・ー”

とのこと。
ゲロゲローマジかーーー。

どうしましょう、あれだけ文句書いたヴェナートになってしまうのでしょうか・・・・。

(つづく)

スポンサーリンク
スポンサーリンク